忍者ブログ
能力者の放課後能力者の放課後
どうやら杜子春様のブログらしい。三日坊主だけどな!
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

+++
シマらねえ。どこまでもシマらねえ。
でも日常ってそんなもんさ。
+++

「・・・わかりやすい上に遅いぜ?」

バス停と噛み合った刃がギャリッ、という悲鳴を上げた。

俺が何をしているかというと、我流の戦い方を散々叩きなおされている。

よくバイクを乗り回していた採石場が格好の練習場になっていた。

「うっせバーカ!」

追撃をもらわないうちにマサ兄から離れようとするも、防御をおろそかにしたらあっさりと掌底に顎を捕らえられる。
そしてぽーんと冗談のように飛び・・・そのまんま砂利の山から転げ落ちる。

転げ落ちた俺の傍らにマサ兄が滑り降りた。

―次がくる。

その速さにあわてて跳ね起きてチェーンソー剣を構えなおした。

マサ兄のバス停の重石部分が振り上げられたが、攻撃は俺の予想を裏切った。
看板部分があっさりと俺の脚を掬ったのだ。

「うへ・・・」

簡単に転ばされた俺の頭の真横に、どしんと重石が置かれた。
ひやりと全身に冷や汗がにじむ。

「気ィ付けろよ・・・弱いんだから。」

余裕ぶっこいてニヤニヤ笑っているマサ兄がどこまでもムカつく。

「今日はここまで。俺が勝ったんだ、ラーメン奢れよ?」

そういうとバス停がふっと冗談みたいに掻き消えた。
どういう手品なのか俺は知らない。

「中学生に毎回毎回奢らせんなや・・・働けねーんだぞ俺は。」

ぶちくさ言っていると手が差し伸べられた。
その手を借りながら立ち上がる。

「いつかお前が勝ったらチャーシューメンの大盛りでも奢ってやるさ。」

そうだ、その笑顔はそんな日が来るわけねえと言外に言っているようで・・・


カッとなってその頭をブン殴った。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最古記事
(06/10)
(06/10)
(06/13)
(06/16)
(06/24)
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 能力者の放課後 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]